スマートデータ・
ソリューション

Mastercard smartdata.gen2

主な機能としては:

  • 経費管理レポート、支出分析、モニターなどを行うレポーティング・ツール
  • 上司承認プロセスを組み入れた経費精算書の電子処理
  • 基幹経理システムやERPへのデータ出力・統合

クレジットカードの明細をデータとして有効利用するメリットは、緊急性が低く、その労力に比して付加価値を生みにくい経費精算処理を飛躍的に効率化し、従業員の生産性を向上することになります。また、企業が経費管理上必要とする各種レポートやデータを簡単に集計し、経理報告書類の作成をサポートすることにも貢献します。


  • 企業は全社におけるカード利用状況が即時に確認できるので、経営に求められるより正確でタイムリーな財務報告に貢献。
  • さらに外貨利用での為替レートのチェックや月次の請求明細書の到着を待たずとも経理計上が実現。
  • ワークフローの特徴である、電子回覧、承認、追跡・検証機能により従来の書類承認(捺印)待ちを回避し、滞りがちなオフィス内での書類の流れを改善。
  • 企業独自の出張規定や、接待交際費規定を機能に組み入れることも可能で、入力ミスや改ざんの
    防止、そしてコンプライアンス強化に貢献。
    人的な検証や精査は実質不要となるため経理部門の負荷を大きく軽減。

Mastercardスマート・データはそうした企業の合理化ニーズに対応したソリューションで、システム構築も不要でWeb環境さえあれば極めて簡単に導入*でき、IT投資のまったく必要のないアプリケーションです。画面入力ではどのカード明細を自動処理するかの選択や、現金支払をした経費も追加処理可能で、企業固有の費用勘定科目の設定や、仕分けのルール、特殊なレポートなど、ユーザー企業の経理ルールに沿ったカスタマイズも可能とする柔軟性が大きな特徴です。
*貴社のカード発行会社よりMastercardのDWHへ指定フォーマットによるデータ送出機能の対応が必要となります。

日本語を含む14カ国語に対応 しており、世界41カ国、288のカード発行会社で展開され、85,000社以上のユーザー企業で利用されている実績があります。
(2009年4月現在)

スマートデータ・ソリューションのフラッシュ・デモ(英語版)がご覧になれます。
下記画像をクリックして下さい。


ビジネス・ソリューション 関連コンテンツ

Mastercard法人カードのメリット

"法人カード"とは、法人及びその従業員に対して発行されるカード(記名式)の総称です。

法人カード発行会社一覧

法人カードの申し込みおよび資料請求、お問い合わせの一覧です。