ニュース編集室

MasterCardの最新ニュースリリースをお届けします。

MasterCard調査:世界渡航先ランキング  ロンドンが2年連続で世界の渡航先都市1位に輝く

- 出張、観光旅行が世界132都市でキャッシュレスの商取引の成長を牽引  東京は、渡航者数増加率で見た世界の渡航先第2位に -

ペイメント・ソリューションで世界をリードするMasterCard Worldwide (本社:ニューヨーク州パー チェス、以下、MasterCard)は、今年で2年目となる年一回発表の世界渡航先に関するInsightsレポートの最新版「世界渡航先ランキング(Global Destination Cities Index)」を発表いたしました。
これによると、ロンドンは世界一の渡航先都市となり、今年も最も人気の渡航先であることが明らかになりました。ロンドンは、今年エリザベス女王即位60周年記念式典「ダイアモンド・ジュビリー」を開催するなど、世界で最も注目を集めている都市です。また、海外からの渡航者による消費額でも、ニューヨーク、バンコク、パリ、シンガポールを抑えて、2年連続で世界一となる見通しです。1

海外からの渡航者数で見た場合、リオ・デジャネイロ(28.6%増)、東京(21.5%増)、アブダビ(17.9%増)、チュニス(17.7%増)、イスタンブール(14.7%増)、トロント(7.6%増)が、それぞれの地域で最も高い伸びを示す見通しです。アジア/太平洋地域(9.5%増)が、全地域の中で、2012年に最も高い伸びを示すと予測されます。「世界渡航先ランキング」によると、厳しい経済環境にもかかわらず、2012年の渡航先上位20都市への海外からの渡航者総数は前年比で5.7%増と着実に増加し、渡航者による消費額は10.6%増加する見通しです。

渡航者による海外消費額に関しては、東京での消費額は、2011年東日本大震災の影響から回復し、4ランク上昇して14位となり、海外消費額の増減率では、世界3位(24.2%)となりました。東京の上位アウトバウンド及びインバウンド都市については、ソウルが、東京へのインバウンドの1位で、台北、香港が続きました。台北は、東京での消費額が最も高い都市であり、ソウル、ホノルルがこれに続きました。一方、ソウルは、東京からの渡航者数が最も多く、次いで、バンコク、上海となりました。また、ホノルルは、東京からの渡航者による消費額が最も多い都市であり、ロサンゼルス、バンコクが続きました。世界渡航先ランキングの詳細は、http://cities.masterintelligence.com/をご覧ください。

本ランキングで渡航者数及び渡航者による消費額で1位となったロンドンは、名所として名高い博物館や美術館、ワールドクラスのレストラン、ウェストエンドの劇場、さらにビジネスのしやすさが魅力となっています。MasterCardの調査によると、こうした魅力に惹かれたロンドンへの渡航者は、一人当たりの平均消費額が、他のすべての都市での消費額を上回りました。相互接続のグローバル・センターであるロンドンは、そう遠くない将来に「キャッシュレスな首都」となることが期待できます。MasterCardでは、2025年までに、イギリスでの消費者の支払手段として電子取引が現金を追い越す可能性があると予想しています。2

MasterCard Worldwideの国際市場担当プレジデント、アン・ケアンズ(Ann Cairns)は、次のように述べています。「本ランキングは、電子取引がグローバル商取引の実現において決定的な役割を果たし、かつてなく相互接続が進んだ世界の現状を表しています。海外渡航者の消費傾向を見ると、現金は、安全でシンプルかつスマートな支払手段への高まる需要に応えていないことは明らかです」

ロンドンの首位獲得について、ロンドン市長のボリス・ジョンソン(Boris Johnson)は次のように述べています。「私たちの盛大なダイアモンド・ジュビリーの祭典が示したように、ロンドンはパーティーの演出に長けています。世界が初めて目にする最高のオリンピックの開催準備が進む今、私たちの首都が観光客に最も人気が高いことは驚くことではありません。ひと夏にこれほど数限りないイベントやフェスティバル、アクティビティが計画された年は過去になく、ロンドンは、私たちを最強にしてくれているワールドクラスの美術館やレストラン、劇場、ショッピング体験を誇りに思っています」

MasterCard Worldwideのグローバル経済顧問で本調査レポートの執筆者でもあるユワ・ヘドリック‐ウォン博士(Dr. Yuwa Hedrick-Wong)は、次のように述べています。「厳しい世界経済環境にもかかわらず、今年のランキングを通じて、海外からの渡航者数、渡航者の消費額ともに、好調な成長が見られる人気の場所が世界中にあることが予測できました。新興市場からの新しい世代の海外渡航者が世界トップクラスの渡航先都市に大挙して渡航しており、グローバル都市は重要な成長エンジンであり続けています」

「今年は金融市場と消費者市場の決定的な違いも見られました。現在の金融市場は相互接続が行き渡っており、ある地域で起きた危機は、たちまち全世界に影響を及ぼします。これに対し、消費者が中心となっている都市は、雇用や所得などその場所の条件によって景気が変動します。その条件は世界の経済環境にかかわりなく、都市ごとに大きく異なります」

居住者、渡航者を問わず、都市にはその都市ならではの魅力的な楽しみ方があるという認識のもと、MasterCardでは、他では味わえない体験ができるプライスレス・シティ・キャンペーンを展開しています。最近では、従来からのロンドンニューヨークトロントに、北京シドニーが加わりました。このプログラムの一環としてMasterCardカード会員の皆様には限定で、ロンドンではウェストエンドの選りすぐりのアートやスポーツ、そしてエンターテイメント、ニューヨークではヤンキースタジアムのベストシートでの大リーグ観戦、また、中国では万里の長城へのプライベートツアーをお楽しみいただけます。

「世界渡航先ランキング」では、海外からの渡航者総数と、渡航者による渡航先都市での海外消費額で世界の都市をランク付けし、2012年の渡航者・旅客数の増加を予測しています。

なお、このランキングとそれに関連するレポートは、MasterCardの取引高もしくは取引データに基づくものではありません。

世界渡航先ランキングの主要分析:

・ロンドンが今年も世界トップの座を獲得。ロンドンへの出発都市の上位5都市は、ダブリン、ニューヨーク、ストックホルム、アムステルダム、フランクフルトとなる見通しです。フランクフルトからの渡航者数は、20.8%という目覚ましい伸びが予想されます。ニューヨークからの渡航者は、ダブリンからの渡航者に比べてロンドン到着後の消費額が2倍以上多くなる見込みです。興味深いことに、この消費傾向はロンドンとニューヨークの間に双方向で見られます。つまり、ロンドンからニューヨークへの渡航者も、ロンドンへの出発都市上位5都市に名を連ねている他の4都市それぞれからの渡航者を消費額で上回ると予想しています。イギリスの首都ロンドンで予想される渡航者消費額の増加は、過去1年間のイギリスにおけるカード取引件数の増加傾向と一致しています。独立系調査会社のユーロモニターによると、2010年から2011年にかけて取引件数は8.3%増加しました。

・パリは、今年海外からの渡航者数が減少し、0.6%の微減となることが予想されるものの、渡航者数では今年も2位となりました。さらに、パリへの渡航者は消費額が1.5%増とわずかに増加する見込みです。パリは、本レポートによるとニューヨークとドバイへの出発都市上位5都市に入りました。フランスの首都パリで予想されている渡航者消費額の増加は、フランスにおけるカード取引件数の増加傾向と一致します。ユーロモニターのデータによると、フランスでは2010年から2011年にかけてカード取引件数が7.1%増加しています。

・ニューヨークは今年も消費額ランキングでは2位ですが、海外からの渡航者の消費額は6.8%増加する見通しです。渡航者数で見た場合、ニューヨークは13位と予想されますが、2012年の海外からの渡航者数は5.2%増となる見込みです。ニューヨークは長距離渡航者やカナダからの渡航者に対して訴求力を保っています。渡航者の出発都市上位5都市を見ると、ほとんどが海を隔てた都市で、ロンドン、パリ、フランクフルト、東京が入りました。上位5都市のもう1都市はカナダのトロントで、2位に入っています。ニューヨークで予想される渡航者消費額の増加も、米国におけるカード取引件数で見た最近の成長傾向を反映しています。ユーロモニターによると、米国における過去1年間のカード取引の伸び率は5.5%で、同じ期間の現金による取引件数は5.2%減少しました。

・バンコクは、本レポートで急上昇中の都市の一つであり、海外からの渡航者数と渡航者の消費額で見たアジア/太平洋地域で第1位の都市です。バンコクは渡航者数では6.5%の伸びを、また、海外からの渡航者の消費額では16.6%という目覚ましい伸びが予想されます。東京からの渡航者が多く、消費額でも他の上位出発都市からの渡航者を上回る見通しです。バンコクへの渡航者はアジア/太平洋地域内に集中しています。興味深いことに、タイも、過去1年間のカード決済件数で8.4%という急速な伸びを示しています(ユーロモニター調べ)。

・シンガポールは、渡航者数で前年比9.9%増という大幅な伸びが見込まれるものの、渡航者数ランキングは安定しています。渡航者消費額は12.7%の増加で、渡航者消費額ランキングは2ランク上昇して4位となりました。渡航者消費額の増加は、シンガポールにおける最近のカード取引件数増加(ユーロモニターによると4.7%増)を反映しています。

・イスタンブールは、渡航先都市上位5都市の中で海外からの渡航者増加率が前年比14.7%で最も高く、ランキングでは1ランク上昇して5位となりました。渡航者消費額を見ても、MasterCardの前回のレポート以来、20.7%という驚異的な増加が予想されています。トルコでも、カードによる取引件数が最近急増しており、過去1年間に12.2%増加(ユーロモニター調べ)しました。

地域別の概要:

レポートによると、2012年のヨーロッパ地域における海外からの渡航者数と渡航者消費額の見通しは、かなり明るいものとなっています。ヨーロッパ地域の上位10都市を合わせた渡航者数は2.8%増、消費総額は8.1%増となる見込みです。上位10都市の渡航一回当たりの平均海外消費額は、前年比5.1%増の1,172米ドルです。

アジア/太平洋地域は、本レポートでは、際立った結果となりました。上位10都市合計の渡航者数は9.5%増加し、海外での消費総額は15.3%という堅調な伸びが予想されます。上位10都市の渡航一回当たりの平均海外消費額は前年比5.4%増の1,350米ドルとなる見通しです。バンコクは同地域の渡航者消費額で第1位となっており、6位の東京は消費額の増加率が24.2%と最も高くなっています。その背後に迫っているのが台北で、渡航者消費額は20.5%という好調な伸びが予想されます。

・ラテンアメリカ地域の成長率には、たいへん明るい兆しが見られます。地域上位10都市の渡航先都市を見ると、10都市合計の渡航者数が7.3%増、渡航者による海外消費総額が7.9%増となる見通しです。渡航一回当たりの平均海外消費額は982米ドルと低めですが、前年比では0.6%の増加です。本レポートによると、消費額で見た1位はブエノスアイレスとなり、最も急成長している上位2都市はキトとボゴタです。さらに、ラテンアメリカ地域の都市全体で、渡航者数を最も急速に伸ばしているのはブラジルのレシフェで、37.6%という目覚ましい渡航者増加率が見込まれています。

・中東・アフリカ地域の見通しも同様に明るく、上位10都市の渡航者数は7.2%増、海外消費総額は10.4%増、渡航一回当たりの平均消費額は3%増となる見通しです。渡航者による消費額が最も多いのはドバイで、ドバイは地域上位10都市の中でも急成長を遂げている都市の一つです。消費額で見た場合、最も急成長しているのはアブダビで、消費額増加率は20.7%です。中東・アフリカ地域の対象都市全体を見ると、渡航者数で見た場合、地域で最も急成長しているのはダーバンで、2番目に急成長している都市と予想されています。

・北米地域域も好調な伸びが予想されています。上位10都市を見ると、渡航者数は4.1%増加し、渡航者による海外消費額は5.8%増加する見通しです。渡航一回当たりの平均消費額も1.6%増加して、2,442米ドルという目覚ましい水準に達すると予想されます。渡航者による消費額が最も多いのはニューヨークで、前年比6.8%の増加となります。ニューヨークは渡航者数も伸び、5.2%増となる見通しです。ダラスとボストンも、上位10都市には入らないものの、渡航者消費額が前年比13.6%増と急速な伸びを示し、渡航者数も堅調に増加することが予想されます。北米地域の上位10都市の中で、渡航者数を最も急速に伸ばしているトロントは、渡航者の海外消費額で見ても前年比10.2%増の急成長を遂げる見通しです。

調査方法

「世界渡航先ランキング(MasterCard Worldwide Index of Global Destination Cities)」は、航空関連データの世界的プロバイダーであるOAG Globalから入手したフライト情報および座席数情報を使用して作成しています。二都市間の運航頻度の算出にはフライトスケジュールも使用しています。また、各航空会社から定期的に発表される座席利用率実績およびフライト計画を使用して、アウトバウンドの出発旅客数実績と出発旅客数予測を算出しています。

航空便の利用客は、到着地を訪れる出発国の居住者、出発地から帰国する到着国の居住者、そしていずれの国の居住者でもなく次の目的地に向かうために出発地から到着地へと移動する人、の3つに分けられます。3つ目のタイプの渡航者は、ハブ機能が備わっていない都市では全体に占める割合が低い場合もありますが、シンガポールやアムステルダム、フランクフルトのような「ハブ都市」においてはきわめて大きな割合を占めています。

国連データベースで旅行部門のサービス貿易の統計をみると、各国の国民が1年間に渡航先でいくら消費したかを推計することができます(自国内で支払った航空運賃は含まれません)。この渡航先での消費額の総額と海外からの渡航者数の推計値にアルゴリズムを適用すると、アウトバウンドの渡航者一人当たりの渡航先での消費額の平均を推計することができます。

アウトバウンドの旅行といっても、その距離がすべて同じというわけではなく、さらに、到着地の都市によって生活費に大きな差があるため、たとえ旅行距離が同じであるとしても、どの都市を訪れるかによって渡航者一人当たりの消費額は大幅に異なるため、推計値には誤差が生じます。

こうした誤差については、何度もテストを繰り返した結果、アルゴリズムに最低消費額の要素(隣接国への旅行については500米ドル、非隣接国への旅行については700米ドル)を加味することにより、大幅に低減することができました。

なお、昨年の「2011年世界渡航先ランキング(2011 MasterCard Index of Global Destination Cities)」の都市ランキングは、明らかになった最新データを反映させて、随時、遡って修正されています。

MasterCard Worldwide Insightsレポートは、www.masterintelligence.com(英文)にて詳細をご覧いただけます。

ユワ・ヘドリック・ウォン博士 (Dr. Yuwa Hedrick-Wong, Ph.D.)について

MasterCard Worldwideグローバル経済顧問

ユワ・ヘドリック‐ウォン博士は、ビジネス戦略家やエコノミストとして、30以上の国で25年にわたる経験を持っています。2009年に、MasterCard Worldwideグローバル経済顧問に就任しました。それ以前は、2001年からMasterCardのアジア/太平洋地域の経済顧問として活躍していました。また、経済顧問として、有力なエコノミスト、政策アナリスト、学識経験者、ビジネスストラテジストから成るMasterCard Knowledge Panelの定期的な意見交換や知識共有で議長を務めています。2007年にはプライベート・エクイティ・ファンドのサザンキャピタルグループの顧問に任命され、2008年にはインド最大の民間銀行ICICIの投資評議会委員に任命されました。

現在、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー)HSBC客員教授(国際ビジネス)でもあり、重要な国際会議でも数多く講演しています。

 

渡航者増加率で見た世界の渡航先上位20都市

順位 渡航先都市 2012年の成長率
1 リオ・デジャネイロ 28.6%
2 東京 21.5%
3 キト 18.8%
4 アブダビ 17.9%
5 チュニス 17.7%
6 ドバイ 15.3%
7 台北 15.1%
8 イスタンブール 14.7%
9 北京 14.7%
10 ボゴタ 12.6%
11 リマ 11.7%
12 リヤド 10.4%
13 ナイロビ 10.0%
14 シンガポール 9.9%
15 ソウル 9.8%
16 カイロ 8.3%
17 上海 8.2%
18 トロント 7.6%
19 ワシントン 7.2%
20 カラカス 7.0%

 

東京からの渡航先、渡航者による消費額の上位10都市

順位 渡航先都市 渡航者数(千人) 消費額
(百万米ドル)
1 ソウル 1308.78 1534.74
2 バンコク 936.46 2121.15
3 上海 853.66 1119.35
4 ホノルル 824.24 3196.22
5 台北 726.52 1353.41
6 ロサンゼルス 709.65 2751.84
7 シンガポール 607.06 647.79
8 香港 559.67 403.09
9 北京 520.69 682.75
10 パリ 478.69 377.22

 

東京へ渡航する都市、渡航者による消費額の上位10都市

順位 東京へ渡航する都市 渡航者数(千人) 消費額
(百万米ドル)
1 ソウル 801.04 975.48
2 台北 667.01 1251.81
3 香港 342.21 735.82
4 上海 240.79 759.56
5 シンガポール 205.20 338.70
6 バンコク 169.05 279.45
7 北京 148.73 457.75
8 ロンドン 141.26 289.49
9 ホノルル 121.29 782.10
10 ロサンゼルス 120.37 776.16

 

# # #

MasterCard Worldwideについて

MasterCard(NYSE:MA)は、現金に代わる支払い手段の提供や技術開発を通じて、最速のペイメント・プロセシング・ネットワークを運用し、世界210を超える国や地域の生活者、金融機関、マーチャント、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいプロダクト及びソリューションを提供しております。詳細はwww.mastercard.co.jpをご覧ください。MasterCardのニュースをフォローするにはTwitterで@mastercardnewsへご登録いただくか、公式ブログCashless Conversations Blog(英語)、Newsroom(英語)をご覧ください。