フィッシング詐欺にご注意ください

"マスターカード"を装うEメールにご注意ください。

Mastercardのブランドのついたカードをお持ちのお客様に対し、Mastercardや、カード会社及び金融機関から、口座や個人情報をたずねるメールを送ることは一切ありません。こうした詐欺メールを受け取った際は、直ちにメールを削除し、口座や個人情報開示の呼びかけには応じず、また添付やリンクを開いたりしないようにしてください。

万一、このような詐欺による被害の疑いがある場合は、直ちにお手持ちのカードの発行会社および警察にご連絡ください。

Mastercardはフィッシングをはじめ、あらゆるオンライン詐欺対策を講じることに尽力しています。24時間体制でウェブのプロパティを保護するとともに、インターネット上のあらゆる犯罪の撲滅に積極的に取り組んでいます。


----- フィッシングメール例 -----
Dear Account Holder:

We have recently updated our online system to include new layer secure authentication.
This is intended to provide you with the best security possible when accessing your account. You will need to update your account in order to continue using your card.

Mastercard - Update(フィッシングサイトのURLが表示されています)

Your case ID number is MC000000.
We here at Mastercard apologize for any inconvenience this may cause and appreciate your patience and understanding.

Member ID 000000
-----



---- フィッシングサイトイメージ ----
メール文中の"Mastercard - Update"をクリックしますと、
以下のようなフィッシングサイトが表示されますが、
くれぐれも情報をご入力されないよう、十分お気をつけください。
フィッシングサイトイメージ


"マスターカード"を装う電話にご注意ください。

"マスターカード"や"マスターカードコールセンター"などと偽り、「お客様のカードが不正に利用された形跡がある」などの虚偽の理由を騙って、不正にお客様の個人情報およびクレジットカード番号や有効期限などを聞きだそうとする事例が発生しております。このような電話はマスターカードとは一切関係がございません。

なお、弊社では、このようにカード会員のお客様へ直接電話を差し上げることはございません。

不審な電話がございましても一切お答えになりませんよう、十分お気をつけください。万が一被害に遭われた場合はお手持ちのカードの発行会社および最寄の警察へご連絡ください。