Mastercard法人カードのメリット

Mastercard法人カード

"法人カード"とは、法人及びその従業員に対して発行されるカード(記名式)の総称です。主に出張旅費や接待・交際費、事務用品費等の社用経費の支払いの目的に用いられ、個人用カードと支払いを使い分けることで、公私の分離に役立つほか、現金支払いや、個人立替払いから解放されるため、煩雑な精算の手間を省くことが出来ます。

さらに、経費支払いを法人用カードに一本化し、決済データを経費精算や経理処理に取り込むことで、手間と時間の掛かる経費精算処理の効率性を飛躍的に向上することが可能です。

下記のような問題をお感じではありませんか?

  •  数多くの従業員が毎月の経費精算に多大な労力と時間を費やしている。
  •  仮払金や立て替え金の精算処理に終われ、経理本来の仕事になかなか集中できないでいる。
  •  宛名のない領収証やマニュアル入力の経費報告書など、間違いを起こしかねない手続きが多く、コンプライアンスに不安がある。

 

経費管理の視点/導入のポイント

  • 出張、交際費(T&E)は一般管理費の中で、企業が直接コントロール可能な経費の大きな一角を占める費用である。
  • 経費管理は、旅費規程や日当といった煩雑なプロセスを多く含むため、間接経費負担を生みがちである。
  • 経費管理はあまり重要な経営課題として認識されておらず、その効果的活用・コスト削減機会は見過ごされてきた。

 

法人カードのユーザーメリット

  • キャシュレス会計が促進され、小口現金精算のための要員配置、現金の管理が不要となります。経費立替払いも不要となりますので、頻繁な精算をまとめて月単位で振込することが出来ます。
  • カードに支払いが一本化されるため、多岐にわたる支払い先への銀行振り込みの手間と手数料が削減されます。
  • カード取引データは銀行通帳データより内容(カード利用先名、利用金額、利用日)が詳細かつ利用対象が広範に及ぶので網羅性が高く、その上利用内容は明細書やデータで記録・保存されるため、経費管理が容易となります。
  • カード会員にとっては、個人用カードと支払いを使い分けることで、公私の分離に役立つほか、現金支払いや、個人立替払いから解放されるため、煩雑な精算の手間を省くことが出来ます

スモールビジネスの皆様 

中小企業経営者、個人事業主などのスモールビジネス向けソリューション

スモールビジネスの皆様


中・大企業の皆様 

中堅・大企業、官公庁・団体・大学等向けソリューション

中・大企業の皆様


賢いビジネスカード利用術 

中小企業経営に役立つ賢いビジネスカード利用術の紹介です。「日経トップリーダーONLINEスペシャル」コンテンツサイトへリンクします。

賢いビジネスカード利用術

ビジネス・ソリューション 関連コンテンツ

スマートデータ・ソリューション

すべてのMastercard法人カード・プログラムに対応した経費管理統合アプリケーション、スマートデータをご利用になれば、カード会員はオンラインでカード利用の経費精算が容易に処理でき、企業の管理者にとっては経費の支出状況や利用傾向の把握、予算管理、そして財務報告などの処理を容易にできます。

法人カード発行会社一覧

法人カードの申し込みおよび資料請求、お問い合わせの一覧です。