Mastercard®のセキュリティ対策

力を合わせて不正使用を予防しましょう

Mastercardとビジネス・パートナーには、決済カード取引と個人情報を不正使用から守るという共通の目標があります。

40年間セキュリティ対策で業界を先導

Mastercardは、40年間にわたり、安全な取引環境の整備に向け、業界の取り組みを先導してきました。Mastercardの使命は、カードホルダーのカード情報を守り、Mastercardのカスタマーであるカード会社および金融機関と加盟店を決済カードの不正使用による損害から守る革新的なセキュリティ対策を提供することです。

ホログラムや偽造防止サインパネルからカード確認コード(CVC:Card Validation Code)にいたるまで、Mastercardが導入した画期的なセキュリティ対策の多くは業界標準となっています。さらに、Mastercardでは、常に不正対策を怠ることなく、決済取引の将来をさらに安全なものにすべく新しい対策を絶えず考案しています。

Mastercardによるセキュリティ対策の詳細につきまして

セキュリティ その他のコンテンツ

加盟店の皆様ができる自衛策

決済カードのセキュリティを守るためには、加盟店の皆様の協力が不可欠です。

 

不正使用が起こった場合には

Mastercardでは、貴店のビジネスを損失から守るのに役立つセキュリティ手順を策定しました。