加盟店の皆様ができる自衛策

貴店のビジネスと取引先を防衛する力

決済カードのセキュリティを守るためには、加盟店の皆様の協力が不可欠です。Mastercardでは、効果的なセキュリティ・プラットフォームの基盤を築き、加盟店の皆様が効果的に取り組めるよう各種ツールを提供しています。

Mastercardカードを取り扱う企業は、基本的なセキュリティ慣行に従わなければなりません。Mastercardのカードホルダーは、取引の安全な処理を期待しています。また、アクワイアラーは、加盟店の皆様が義務を果たすよう貴店の取引を監視しなければなりません。貴店のビジネスとお客様を守る観点から、Mastercardでは、個人口座・取引データを保護するために決済カード業界が定めた予防策を講じることを強くお勧めします。

 

ビジネスパートナーの責任

加盟店の皆様は、自社のビジネスとお客様を守るために自らの役割を果たす必要があります。

必須対策と推奨対策
セキュリティ面におけるMastercardビジネスパートナーの必須対策と推奨対策

加盟店の皆様ができる自衛策

非対面取引以外でも ― 
オンラインショッピングとカタログショッピング

Mastercard加盟店のセキュリティ対策――必須対策と推奨対策

Mastercard® SecureCode

加盟店とお客様のオンラインショッピングの安全性向上に向けて

Mastercard SDP(サイトデータプロテクション)プログラム

Mastercard SDP (サイトデータプロテクション)プログラムは、カード発行会社、アクワイアラ、加盟店、サービス・プロバイダー(サードパーティー・プロセッサやデータ保管事業者)がセキュリティ侵害の脅威を未然に防止できるよう開発・設計されたセキュリティ・コンプライアンスです。

ATMを店舗に設置する場合

Mastercardビジネス・パートナーのセキュリティ対策――必須対策と推奨対策

セキュリティ その他のコンテンツ

Mastercardのセキュリティ

Mastercardとビジネス・パートナーには、決済カード取引と個人情報を不正使用から守るという共通の目標があります。

不正使用が起こった場合には

Mastercardでは、貴店のビジネスを損失から守るのに役立つセキュリティ手順を策定しました。