コンプライアンスに関する留意事項

 

Mastercard SDP(サイトデータプロテクション)プログラムの狙いは、Mastercardのカスタマーであるカード発行会社および金融機関、加盟店パートナー、サービス・プロバイダーがMastercardの決済情報を保護し、Mastercardの決済システムの完全性を確保することにあります。こうした重要なメリットに加えて、Mastercard SDP プログラムは、カードホルダーの安心感を高め、決済システム全体に対する潜在的脅威を軽減します。

加盟店がMastercard SDP プログラムの所定の要件を遵守しない場合、Mastercardは、その加盟店が契約しているアクワイアラーに不遵守罰則金を課する場合があります。

Mastercard SDP プログラムの目的は、Mastercardブランドのすべての関係者を、カードお取引情報の盗難や悪用に関わるリスクから守ることにあります。

 

MASTERCARD SDP (サイトデータプロテクション) プログラム その他のコンテンツ