Masterpass 利用規約

最終更新日:2017 年 1 月 31 日

  1.  はじめに

    Masterpass™ by Mastercard は、Mastercard International Incorporated(その子会社および系列会社を含む、以下「Mastercard」)が提供するデジタルウォレットサービス(以下「Masterpass」)です。本サービスはお客様が選択するアカウントのデータ、支払い、お届け先住所、およびロイヤルティプログラムの情報を便利な 1 つの場所(以下「Masterpass ウォレット」)に電子的に保存するものです。また、お客様の要請(Masterpass によるあらゆるモバイルデバイスのアプリケーション、以下「モバイルアプリ」を通じた要請を含む)により、ウェブサイト、モバイルサイト、スマートデバイスアプリケーション、または店頭の非接触型決済端末に Masterpass チェックアウトボタン(以下「Masterpass チェックアウトボタン」)を表示している参加加盟店(以下それぞれ「Masterpass 加盟店」)にこれらの情報を送信します。

    これらの利用規約(以下「利用規約」)および Masterpass プライバシーポリシー(以下「プライバシーポリシー」、利用規約と併せて以下「規約」)は、お客様と Mastercard との法的な契約となります。Masterpass ウォレットへの登録には、本規約をクリックして受諾することが含まれます。これにより、お客様は、Masterpass に関連し、本規約に説明される通りに、Mastercard が適宜提供する可能性のあるすべての利用規約、その他すべての規則、ポリシーおよび手続きに同意するものとします。また、以下に定義される通りに、お客様のカード発行者による規約や条件に従うことに同意するものとします。

    「お客様」(およびその派生語すべて)とは、個々のお客様、およびお客様の承認あるいは許可のもとに代理人としての役割を果たす人物を意味します。また、会社やその他の法人組織の代理として本規約を受諾する場合はその法人組織を意味します。お客様は、以下を表明し保証するものとします。(i) 18 歳以上(あるいは該当の司法管轄区において拘束力のある契約を締結できる最低年齢)であること、(ii) 法的拘束力のある契約を締結できること、および (iii) Masterpass を使用できる国の合法的な居住者であること。会社やその他の法人組織の代理として本規約を受諾する場合はさらに、以下を表明し保証するものとします。(x) 当該法人組織に義務を負わせる権限があること、(y) 当該法人組織が事業を行う司法管轄区においてその活動が許可されていること、および (z) Masterpass ウォレットを使用する当該法人組織の全従業員、役員、代理人、およびその他の代表者がMasterpass ウォレットへのアクセスおよび、それを使用した取引への関与を正式に許可されていること。本規約に同意されない場合、お客様はMasterpass ウォレットの登録および使用はできません。

    本規約により、お客様と Mastercard との間の紛争はすべて、拘束力を有する仲裁によって解決されます。お客様は、簡易裁判所で解決される問題を除いて、本契約におけるお客様の権利を行使あるいは主張するために訴訟を起こす権利を放棄することに同意するものとします。お客様の権利は、裁判官や陪審員ではなく中立的な仲裁人によって判断され、お客様の主張に関して集団訴訟を起こすことはできないものとします。Mastercard との紛争の仲裁に同意することについての詳細は、セクション 27(「紛争の解決および仲裁」)を参照してください。

  2.  Masterpass ウォレットのセットアップ

    お客様は、有効なEメールアドレスと携帯電話番号、セキュリティ質問/回答、サインインメッセージ、およびパスワードを含む、Masterpass ウォレット登録ページに説明されている情報を Mastercard に提供することにより、Masterpass ウォレットに登録することができます。その後、支払い情報(カード番号と有効期限日)、請求先住所、お客様のクレジットカード、デビットカード、再チャージ可能プリペイドカード(以下「カード」)、Masterpass が(登録ページに記載の通り)提供するリワードカード(以下「リワード番号」)に関するその他の情報を、希望する配送先の情報とともに保存することができます。本規約では、カードやリワード番号に関する情報、および配送先情報のすべてを、集合的にお客様の「支払い情報」と呼びます。

  3.  アカウント情報の保護および更新

    1.  パスワードお客様は、Masterpass ウォレットのパスワードを安全に保持し、お客様以外によるアクティビティ(許可されたものであるかを問わない)を含むお客様の Masterpass ウォレットを通じて発生するすべてのアクティビティについて、責任を負うものとします。お客様の Masterpass ウォレットへの不正アクセスおよび使用については、ただちに Mastercard に通知しなければなりません。Mastercard は、お客様のパスワードが安全ではないと判断した場合、お客様にパスワードの変更を義務付ける権利を有します。Mastercard とその代理店は、お客様が把握していたかどうかにかかわらず、お客様の Masterpass ウォレットまたは支払い情報への不正アクセスおよびその使用の結果として生じる可能性のある、いかなる損失または損害に対しても責任を負いません。ただし、上記の制限が適用法により禁止されている場合を除きます。

    2.  最新情報の維持お客様は、支払い情報のすべてを含むご自身の Masterpass ウォレットに関する情報を、最新かつ正確に維持する全責任を負うものとします。Mastercard は、お客様のために送信する支払い情報の信憑性、有効性、正確性、または完全性については責任を負いません。

  4.  Masterpass ウォレットの使用

    1.  全般Masterpass サイトまたは Masterpass に接続された別のウォレットのサイトで、お客様が[Finish Shopping](あるいは類似する)ボタンをクリックすると、Mastercard はお客様が選択された支払い情報を Masterpass 加盟店に送信します。Masterpass 加盟店がお客様の支払い情報を受信すると、その取引を完了させる手続きに入ります。

    2.  Masterpass との接続Masterpass は、より素早く支払い手続きができるように、お客様の Masterpass ウォレットとお客様が選択した特定の加盟店を接続する機会を 2 つの方法で提供します。1 つ目の方法は Masterpass の加盟店のウェブサイトやアプリケーション上でチェックアウト(清算)手続き時に提供されます。チェックアウト手続きで注文の詳細を確認し確定すると、Masterpass ウォレットを Masterpass 加盟店と接続するオプションが画面に表示されます。2 つ目の接続方法は、Masterpass 加盟店のウェブサイトあるいはアプリケーションで [Connect with Masterpass] ボタンをクリックする方法です。お客様はボタンをクリックした後で、選択した Masterpass ウォレットと Masterpass 加盟店との接続を承認できます。ウォレットが Masterpass 加盟店と接続されると、加盟店のウェブサイトあるいはアプリケーションで [Buy with Masterpass] ボタンをクリックすることで、関連する支払い情報が表示され、お客様は Masterpass ウォレットにログインするだけで取引を完了させることができます。

    3.  エクスプレスチェックアウト一部の Masterpass 加盟店では、お客様が加盟店のウェブサイトにログインしていれば Masterpass ウォレットにログインせずにチェックアウト(清算)できる「エクスプレスチェックアウト」のオプションを提供しています。Masterpass 加盟店がエクスプレスチェックアウトを提供している場合、ウォレットの接続プロセス中にこれが通知され、お客様は Masterpass ウォレットのエクスプレスチェックアウト時の使用を許可あるいは拒否を選択できます。Masterpass 加盟店でのエクスプレスチェックアウトを許可し、加盟店のウェブサイトあるいはアプリケーションにログインされている場合、チェックアウトプロセスで [Buy with Masterpass] ボタンをクリックすることにより取引を完了できます。Masterpass ウォレットのアカウント設定の [Connections] のページから、ウォレットと Masterpass 加盟店の接続をいつでも停止することができます。

    4.  Masterpass 加盟店との取引Masterpass ウォレットを使用した各取引は、お客様と Masterpass 加盟店との直接的な契約関係であり、当該取引のあらゆる面に Masterpass 加盟店の規則と条件が適用されます。Mastercard はお客様の取引の処理には関与しておらず、当該取引に関してお客様および Masterpass 加盟店に対して責任を負いません。

  5.  支払い情報の使用

    1.  お客様の責任お客様は、Masterpass の使用が、Masterpass ウォレットに保存し使用しているカードおよびリワード番号に適用される規則と条件に準拠していることに全責任を負うものとします。また、Masterpass によって転送された支払い情報を使用した取引の結果生じたお客様のカードやリワード番号へのすべての請求やデビット取引、および取引に関連してカードやリワード番号の発行者が課すあらゆる料金に責任を負うものとします。お客様は、Masterpass により転送された支払い情報を使用して開始された取引から生じる適用税のすべてを申告し、支払うことに全責任を負い、またこれらの取引に関連して適用される税法のすべてを遵守するものとします。

    2.  Mastercard はカード発行者ではありませんMastercard は銀行ではありませんので、銀行業務は提供していません。Mastercard はカードまたはリワード番号を発行しません。お客様のカードやリワード番号に関するすべてのご質問または問題につきましては、Mastercard ではなく、カードを発行した銀行もしくは金融機関、またはリワード番号を提供している当事者に必要に応じて問い合わせていただくものとします。Mastercard はお客様のカードやリワード番号が有効であること、もしくは適正な状態であること、あるいはお客様のカードやリワード番号を発行した当事者がお客様により要請された取引を承認または履行することを表明するものではありません。

  6.  取引問題の解決

    お客様は Masterpass を使用したあらゆる取引に関して懸念がある場合、その取引を行った加盟店に連絡しなければなりません。また、カードを発行した銀行や金融機関とお客様が締結した契約、あるいは登録済みのカードへの当該取引の請求に関連した適用法に基づき、お客様が特定の権利と保護を有する場合もあります。詳細および適用法については、カード発行者との契約をご確認ください。

  7.  ライセンス付与

    1.  Masterpass のライセンスお客様が本規約を遵守する限り、Mastercard は、お客様が支払い情報を Masterpass 加盟店に保存・転送する目的のみにMasterpass を使用できるよう、限定的かつ非排他的な、現状のままの、取り消し可能な譲渡不可のライセンスを、サブライセンス権なしでお客様に付与します。

    2.  モバイルアプリのライセンスお客様が本規約を遵守する限り、Mastercard は、Masterpass サイトあるいは正式なマーケットプレイス(Apple Store や Google Play)から直接ダウンロードされたモバイルアプリに対して、限定的かつ非排他的な、現状のままの、取り消し可能な譲渡不可のライセンスを、サブライセンス権なしでお客様に付与します。これは、オブジェクトコード形式のみで、合法的目的の個人使用のため、お客様が所有・管理するひとつの対応モバイルデバイスにおいて、これらの規約に従って Masterpass ウォレットにアクセスおよび使用するためです。モバイルアプリを複製、配信、公開することは許可されていません。明示的に設定された目的以外にモバイルアプリを使用することはできません。本規約で使用される「モバイルアプリ」には、Mastercard が提供するモバイルアプリへの更新や修正を含みます(別の語で使用されている場合を除く)。適用法で禁止されている場合は、モバイルアプリを使用することはできません。

    3.  禁止されている行動Masterpass をそれ以外の目的で使用することは許可されておらず、以下は禁止されています。

      1.  モバイルアプリや Masterpass に関連するサービスに対して、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、ソースコードへのアクセスおよびアクセスを試みること、または変更を加えるか加えようとすること(上記の禁止が適用法で許可されない場合を除く)。

      2.  本規約で許可されている以外の方法で Mastercard のサービスやシステム、Masterpass にアクセスおよび使用すること、あるいは、Mastercard のサービスやシステムに損害を与える、中断する、その運用を妨げること。

      3.  Mastercard が独自の裁量によって判断した不正もしくは違法な行為、取引、または業務に関連して Masterpass を使用すること。

      4.  自動機能を使用して、または偽って、あるいは不正に Masterpass ウォレットに登録すること。

      5.  Mastercard やその代表が使用しているセキュリティ機能(モバイルアプリ内の機能を含む)を干渉、回避、または変更すること。

      6.  Masterpass にアクセスするために、「ロボット」、「スパイダー」、または「オフラインリーダー」を含む自動システムを使用または起動すること。

      7.  お客様自身、または第三者の代理として、支払い仲介者、支払い集金者、または支払いサービス機関として行動すること(第三者のための資金の取扱い、処理、または転送を含む)。

      8.  Masterpass へのアクセスを第三者に対して賃貸、リース、貸付け、交換、販売、再販したり、あるいは料金を課したりすること。

      9.  ウイルス、ワーム、欠陥、トロイの木馬、または破壊的な性質のあるプログラミングを送信すること。

      10.  上記の行動を試みること、あるいは第三者による上記の行動の関与を支援または許可すること。

    4.  法の遵守お客様は、Masterpass の使用に関して適用される国際、連邦、州、および現地の法律、規則、規制、指令、および政府の要求条件に準拠するものとします。Mastercard は独自の裁量により、お客様からの Masterpass ウォレットへの登録の要請を許可あるいは拒否することがあり、お客様の Masterpass ウォレットやその中の支払い情報へのアクセスを不能あるいは一時停止にすることがあります(いつでも、理由の如何や有無を問わない)。これには、Mastercard が不正または違法行為、無許可または不適切な行為を疑う場合が含まれます。

  8.  テキストメッセージおよび通信料

    1.  テキストメッセージお客様の携帯電話会社が Masterpass テキストメッセージに対応している場合、Masterpass ウォレットに登録の際、様々な通知をテキストメッセージとして携帯電話で受信することを選択できます。これを選択すると、お客様はこれらのテキストメッセージの受信に明示的に同意することになります。テキストメッセージ、通話、およびデータの基本料金が適用されます。毎月送信されるメッセージの数は、お客様の取引数および、登録プロセス中にお客様が選択された設定によって異なります。お客様は、いつでも Masterpass ウォレットにログインして設定を変更することができます。

    2.  メッセージが遅れる可能性携帯電話の電源がオフになっている、圏外にあるなどのさまざまな条件下では、すべてのメッセージを受信できなかったり、受信が遅れたりすることがあります。携帯電話ならびにその他のワイヤレス伝送サービスおよびネットワークは、本質的に不確実であり、サービスの中断、弱い電波、および Mastercard がコントロールできないその他の故障の対象となります。Mastercard は、テキストメッセージや携帯電話ベースのその他の情報の遅延や受信の失敗、または上記に関連するセキュリティ侵害に対して責任を負うものではありません。

    3.  通信料お客様のモバイルデバイスでの Masterpass の使用に関連して、電話通信プロバイダーまたはその他の第三者により請求される料金および罰金については、お客様が責任を負うものとします。

  9.  Masterpass の変更

    1.  料金Mastercard は現在 Masterpass を無料で提供していますが、今後いつでも Masterpass(または追加の機能)を独自の裁量により有料にする可能性があり、適用法で必要とされる範囲で、それらの追加料金について事前にお客様に通知いたします。Mastercard により通知されたそれらの追加料金を受諾しない場合、Masterpass およびモバイルアプリの使用を停止し、アカウントを削除することにより、本規約を破棄することができます。また、Mastercard は Masterpass や Mastercard のサービスやシステムを、いつでも中止、修正、変更する可能性があり、適用法で必要とされる範囲で、これらの中止、修正、変更について事前にお客様に通知いたします。そのような変更があった場合、お客様が Masterpass の使用を継続するためには、支払い情報や Masterpass ウォレットに関連するその他の情報を更新することが必要となる場合があります。Mastercard は、Masterpass や Mastercard のサービスやシステムへの修正あるいは変更に関して、お客様に責任や義務を負うことはありません。

    2.  本規約への変更Mastercard は、Masterpass ウェブサイトやモバイルアプリへの掲載、Masterpass を通じた通知、またはお客様の Masterpass ウォレットに登録されているEメールアドレスにEメールを送信することにより、いつでも適宜、本規約の内容を変更し、Masterpass に関するその他の開示や通知を行うことができます。Mastercard はこれらの開示や通知をお客様に掲示、通知またはEメール送信してから24時間以内に、お客様がこれらを受け取ったものとみなします。お客様が Masterpass に関する本規約への改訂またはその他の開示や通知を受諾しない場合、お客様はMasterpass およびモバイルアプリの使用を停止し、アカウントを削除しなければなりません。これらの発効日以降に Masterpass やモバイルアプリの使用を継続することにより、お客様はそのサービスに適用される改訂を承諾されたものとします。

  10.  フィードバック

    Mastercard は適宜、Masterpass やその他の Mastercard 商品やサービスについて、お客様にフィードバック、提案、意見、またはアイデア(集合的に「フィードバック」)を求める(あるいはお客様が自主的に提供する)ことがありますが、お客様には当社にフィードバックを提供する義務はありません。お客様は、Mastercard がいかなる義務もなく、かつ機密性、属性、説明、報酬の義務、またはお客様に釈明するその他の責務もなく、あらゆる目的のために、お客様からご提供いただいたすべてのフィードバックを使用し、活用する可能性があることに同意するものとします。

  11.  所有権と権利

    お客様と Mastercard との間において、Mastercard は (a) Masterpass ウォレットを含む Masterpass、(b) モバイルアプリ、(c) Mastercard のシステムおよびサービス(集合的に「Mastercard Property」)におけるすべての知的財産権を含むすべての権利、資格、利益を所有し保持するものとします。Mastercard、そのライセンサー、または第三者パートナーは、すべての名称、商名、商標、サービスマーク、スローガン、ロゴ、ドメイン名、または Masterpass に関連して使用されるその他の Mastercard やそのライセンサーもしくは第三者パートナーのマークなどに関するすべての権利、資格、利益を所有し保持します。これには、「Masterpass」、「Masterpass Wallet」(Masterpass ウォレット)、「Masterpass-connected Wallets」(Masterpass 接続済みウォレット)、「Masterpass Online」(Masterpass オンライン)が含まれます。お客様には、いかなる方法であっても、商標所有者から事前の書面による許可を得ることなく商標を使用する権利はありません。Mastercard は、本規約においてお客様に明示的に付与されていない Mastercard 所有物および商標のすべての権利を有します。

  12.  Masterpass 加盟店が提供する商品およびサービス

    Masterpass を通じて加盟店により提供される商品やサービスの購入は、Masterpass 加盟店特定の規則と条件の対象となります。これは、当該の商品やサービスの完全な説明に規定されており、お客様と加盟店との間の直接的な契約関係となります。Masterpass ウォレットでのチェックアウトが可能あるいは必要な商品、サービス、もしくはテクノロジーに加盟店の商品やサービスを含めても、Mastercard がそのような商品やサービス、またはそれを提供する加盟店を承認、推薦、または保証することにはなりません。

  13.  第三者サイト

    Masterpass には、Masterpass から独立した、Mastercard によって所有または管理されない、第三者コンテンツや第三者サイトへのリンク、第三者もしくは第三者の代理によって提供されるポップアップ(以下「第三者サイト」)が含まれる場合があります。第三者サイトへのリンク、および第三者もしくは第三者の代理によって提供されるポップアップは、ユーザーの便宜のためのみに含まれるもので、Mastercard による承認、推薦、または保証を受けるものではありません。さらに、第三者サイトのコンテンツ、運用、それを通じて提供もしくは入手可能な使用、もしくは商品やサービス、または第三者サイトから入手された情報の正確性、完全性、もしくは信頼性について、Mastercard は責任を負いません。第三者サイトへのリンクや第三者サイトのポップアップ内のリンクをクリックすると、お客様は Mastercard が管理するサービスから離れることになります。お客様が Masterpass を離れた後に送信した個人情報は、Mastercard によって収集または管理されません。これは第三者サイトに適用されるプライバシーポリシーまたは利用規約の対象となります。情報を第三者サイトに送信する前にこれらのポリシーを確認することはお客様の責任であり、お客様はご自身の責任で情報を提供するものとします。お客様は、第三者サイトへのアクセス、またはその使用の結果被るすべての損失、損害、その他の責任から、Mastercard を明示的に免除します。

  14.  プライバシー

    Mastercard はお客様のプライバシーを尊重することの重要性を認識しています。「プライバシーポリシー」には、Mastercard が Masterpass に関するお客様の個人情報をどのように収集、使用、共有、および保護するかについて、ならびに個人情報に関するお客様の選択肢とアクセス権が説明されています。

  15.  お客様の表明

    お客様は、(a) Masterpass ウォレットの登録に関連して Mastercard に提供する情報が真実かつ正確であること、そしてその情報を常に正確かつ最新に保つこと、また、(b) Masterpass の使用に関連して、本規約および適用されるすべての現地、州、連邦、および国際的な法律、規則、規制を遵守することを表明し、誓約します。

  16.  補償

    お客様は、Mastercard とそのビジネスパートナー、その両方の役員、取締役、従業員、代表者、および系列会社(以下「被補償者」)をすべての請求、責任、損害賠償(実質的または結果的)、損失、罰金、および費用(弁護士およびその他の専門家費用および調査費用を含む)について、補償し、免責することに同意します。これらは (a) お客様の Masterpass の使用、(b) お客様(もしくはお客様の Masterpass ウォレットを使っている個人)による本規約もしくは適用法の違反、(c) お客様の過失行為もしくは違法行為、(d) お客様と Masterpass 加盟店または金融機関を含む第三者との間の紛争、または (e) お客様による知的財産権を含む第三者の権利の侵害に関連して、何らかの方法で(違法または過失行為、あるいはMastercard 側の不作為を除く)起こりうるものです。

  17.  保証の排除

    1.  概要Masterpass は「現状のまま」、「提供可能な時点で」、および無保証で提供されます。被補償者は、明示的、暗示的を問わず、商品性、情報の質、平穏享有、無侵害、権原、または特定の目的に対する適合性を含むすべての保証を排除します。Mastercard は、Masterpass に含まれる情報(Masterpass 加盟店の商品もしくはサービスに関連するすべての情報を含む)、または第三者サイトに含まれる情報が、正確あるいは完全であることを保証しません。また、Masterpass や第三者サイトにエラーがないこと、中断されないこと、スパイウェア、マルウェア、アドウェア、ウイルス、ワームもしくはその他の悪質なコードがないこと、またはお客様の要件を満たすように機能することは保証しません。Mastercard は、Masterpass がお客様のハードウェアで機能すること、またはお客様のオペレーティングシステム、もしくはお客様のコンピューターやモバイルデバイスにインストールされているその他のソフトウェアと機能することは保証しません。お客様が Mastercard から入手した情報が何らかを保証することはありません。お客様は、Masterpass の使用に伴うすべてのリスクを負うものとします。Masterpass がお客様のニーズに適切かつ十分であるかどうかを判断することは、お客様の単独の責任となります。

    2.  取引に関する免責お客様は、Masterpass により送信された支払い情報を使用した取引を MasterCard がコントロールできないこと、ならびに、すべての取引が完了される、または該当する場合にお客様のカードやリワード番号を発行した当事者が取引を承認することを Mastercard が確認できないことを特にご理解ください。

  18.  責任の制限

    1.  制限本規約の救済措置がその基本的な目的を達成できない場合もしくはその反対の場合も、被補償者は、直接的、間接的、特別、懲罰的、結果的な損害、またはその他のあらゆる損害について、お客様に対して責任がなく、また責任を問われないものとします。これには、行為の形態(契約、過失、またはその他の不法行為を含む)にかかわらず、以下から、または以下に関連して生じる(違法または過失行為、あるいは Mastercard 側の不作為を除く)、人身傷害、物的損害、使用の喪失、取引上の喪失、経済的損害、データの喪失、または利益の喪失が含まれます。(A) 本規約、(B) 第三者アプリケーションと併用した Masterpass の使用を含む Masterpass、(C) Masterpass に関連したサービスの中断、(D) カード、リワード番号、または第三者サイト、(E) Masterpass が送信した支払い情報を使用して行われた取引により得られた商品またはサービス、 (F) Masterpass 加盟店の行為または怠慢、(G) お客様によるモバイルデバイスの使用(その使用の結果としての周囲への注意不足を含む)、(H) 個人データを含むMastercard のサービスおよびシステムへの当事者による不正なアクセス。これは被補償者のいずれかがそのような損害の可能性について通知を受けていた場合でも同様です。リワード番号の詳細、Masterpass 加盟店が提供する商品やサービスの説明、加盟店が提供する商品もしくはサービスの説明、返却の結果課された手数料や罰金を含め(Mastercard 側の違法または過失行為、あるいは 不作為を除く)Masterpass を使用した結果お客様が負担する携帯電話会社の料金や罰金、またはカードアカウント料金や罰金については、Mastercard は責任を負いません。

    2.  責任の限度上記にかかわらず、すべての損害、損失、および訴因に関する被補償者のお客様に対する責任限度額は、契約の記述、不法行為(過失を含む)、その他の有無を問わず、いかなる状況においても百米ドル (US $100) を超えないものとします。ただしこの限度額は、故意の不正行為や重大な過失に対して被補償者を保護するものではありません。

    3.  本質的要素上記の制限および例外事項は、適用法により明示的に除外される場合を除き適用されます。そのような司法管轄区においては、上記の制限事項のすべてまたは一部がお客様に適用されないことがあり、被補償者の保証の適用範囲および期間、およびその責任の範囲は当該適用法により許可される最小限となります。

  19.  終了

    1.  規約の終了本規約は、このセクション 19 の規定に従い終了するまで有効です。Mastercard は、お客様による Masterpass の使用や Masterpass ウォレットへのアクセス、Masterpass ウォレット内の支払い情報へのアクセスおよび使用をいつでも、理由の有無を問わず、通知することなく、Mastercard が以下を判断した場合を含み、一時停止または終了することができます。(i) お客様の連絡先情報が最新に保たれていない、またはお客様宛ての通信にお客様から返答がない、(ii) Masterpass ウォレットを入手するためにお客様が提供した情報が虚偽、不正確、最新ではない、または不完全である、(iii) お客様が違法活動に従事している、(iv) お客様が本規約に違反した、または (v) Masterpass ウォレットが 13 か月以上使用されていない場合。お客様は、Masterpass およびモバイルアプリの全使用を停止することにより、Masterpass に関する本規約を、理由の有無を問わずお客様の便宜により終了することができます。

    2.  終了の効力理由の如何にかかわらず本規約の終了時点で、Masterpass とモバイルアプリに関してお客様に付与された権利とライセンスは即時終了し、お客様は Masterpass およびモバイルアプリの全使用をただちに終了しなければなりません。本規約に含まれる諸条件および保証のうち、その性質および意味合いから規約の終了後も存続することが意図されているものはその後も存続するものとします。これには、セクション 5(お客様の支払い情報の使用)、セクション 6(取引問題の解決)、セクション 10(フィードバック)、セクション 11(所有権と権利)、セクション 13(第三者サイト)、セクション 14(プライバシー)、セクション 15(お客様の表明)、セクション 16(補償)、セクション17(保証の否認)、セクション 18(責任の制限)、セクション 19(終了)、セクション 20(米国政府による制限)、セクション 26(準拠法)、セクション 27(紛争の解決および仲裁)、セクション 30(譲渡)が含まれます。Mastercard には、Masterpass へのお客様のアクセスの終了もしくは一時停止から生じるあらゆる損害、利益の喪失、またはその他の請求については、お客様に対して責任を負いません。

  20.  カスタマーサポート

    Masterpass の使用に関するご質問または問題については、Masterpass サイトの「サポート」のセクションをご覧ください。

  21.  通知

    Masterpass に関連して Mastercard により規定されていない限り、本規約に基づいてお客様に義務付けられるすべての通知は、Mastercard が独自の裁量にて適宜指定するアドレスに送信しなければなりません。当社からの電子的なコミュニケーションの受信に対する同意については、プライバシーポリシーに詳細が説明されています。当社の電子的なコミュニケーションの慣行について詳しくは、プライバシーポリシーをご確認ください。お客様は、当社が電子的に送信するあらゆる通知、同意、開示、またはその他のコミュニケーションが、コミュニケーションに関する法的要件(書面によるものを含む)を満たすことに同意するものとします。

  22.  完全合意

    本規約は、本書の主題に関するお客様 と Mastercard との完全な合意を構成します。

  23.  当事者間の関係

    本規約は、お客様と Mastercard との間に合弁事業、共同所有、共同経営、または代理業者の関係を構成するものではなく、そのように解釈されないものとします。

  24.  Mastercard の第三者受益者

    お客様は、Mastercard の各系列会社および子会社が本規約の第三者受益者であること、また Mastercard の系列会社および子会社に利益を授与する(または有利な権利を付与する)本規約の条項を直接執行し、これに依存する権利があることを認識し、同意します。その他の個人または企業は本規約の受益者ではありません。

  25.  準拠法

    本規約は、抵触法の原則にかかわらず、カリフォルニア州法に準拠します。セクション 27 の全文が無効となった場合、お客様と Mastercard は、ニューヨーク州ウェストチェスター郡に位置する州裁判所および連邦裁判所の対人管轄権と専属管轄権を、紛争について訴訟を起こす目的で提出することに同意します。お客様は、これと矛盾する規則または法律があっても、本規約から発生する賠償請求または訴因は、その賠償請求または訴因の発生から 1 年以内に提訴されなければならないことに同意します。

  26.  紛争の解決および仲裁

    1.  全般お客様と Mastercard との間の紛争を最も適切に費用効果の高い方法で解決するために、お客様と Mastercard は、本規約に関連して発生するあらゆる紛争を法的拘束力のある調停で解決することに同意します。仲裁は、裁判所で行われる訴訟ほど正式な形ではありません。仲裁は、裁判官や陪審員ではなく中立的な仲裁人によって行われ、裁判よりも制限された開示手続きとなる場合があり、裁判所による検証はごく限られたものとなることがあります。仲裁人は、裁判所と同じ損害および救済を認めることができます。この紛争の仲裁に対する同意には、契約、不法行為、規則、不正、虚偽、その他の法理論に基づいて、また、本規約が終了する際中あるいは終了後に生じる請求であるかどうかにかかわらず、本規約のあらゆる面に関連して起こるすべての請求が含まれます。お客様は本規約の締結により、お客様と Mastercard はそれぞれ、陪審員による裁判あるいは集団訴訟への参加の権利を破棄することを、理解し同意するものとします。

    2.  例外セクション 27(a) の条件にかかわらず、本規約のいかなる内容も、両当事者の以下の権利を破棄、排除、あるいは制限すると見なされることはありません。(i) 簡易裁判所に単独行為を持ち込むこと、(ii) 適用される連邦、州、あるいは地方機関を通して、可能な場合に実行活動を求めること、(iii) 法廷における差し止め救済を求めること、または、(iv) 知的財産権の侵害請求を求めて訴訟を起こすこと。

    3.  仲裁お客様と Mastercard との間の紛争は、米国連邦仲裁法の下解決され、米国仲裁協会(以下「AAA」)の商事紛争解決手続きおよび消費者関連紛争の補足手続き(集合的に「AAA 規則」)に準拠します。また、本規約で修正され、AAA により管理されます。AAA 規則やフォームへの入力は、www.adr.org からオンラインで、または AAA までお電話(1-800-778-7879)されるか、Mastercard へお問い合わせいただくこともできます。

    4.  通知手続き仲裁を求める当事者はまず、認定を受けた米国郵便あるいはフェデラルエクスプレス(署名が必要)で、あるいは相手が実際の現住所を提供していない場合に限り電子メールで、書面による紛争の通知を相手に送らなければなりません(以下「通知」)。Mastercard への通知の送り先は以下の通りです。Mastercard International Incorporated, 2000 Purchase Street, Purchase, NY 10577通知には以下が含まれなければなりません。(i) 請求あるいは紛争の本質および理由の説明、(ii) 明確な救済措置の説明(以下「要求」)。両当事者は、請求を直接解決するよう誠実な努力をしますが、通知が受諾されてから 30 日以内にその合意に至らない場合は、お客様あるいは Mastercard は仲裁手続きを開始することができます。仲裁の間、お客様あるいは Mastercard によって提示された和解金額は、仲裁人が最終判断を下すまで仲裁人には開示しないものとします。紛争がお客様に有利な仲裁によって解決された場合、Mastercard は以下のうち最も高いものを支払います。(A) 仲裁人が判断した場合、その金額、(B) 仲裁人の判断の前に Mastercard が最後に書面により提示した和解金額、または (C) 1000 米ドル ($1,000)。

    5.  料金お客様が本規約に従って仲裁を開始する場合、請求額が 1 万米ドル (US $10,000) を超えない限り、Mastercard は仲裁の申請費をお客様に払い戻します。これを超える場合、あらゆる料金について AAA 規則に従って取り決められます。仲裁に関する意見聴取は、ニューヨーク州ウェストチェスター郡の合意された場所で行われますが、請求額が 1 万米ドル (US $10,000) 以下の場合、仲裁が以下の条件で実施されるかどうかを選択することができます。(i) 仲裁人に提出された書類のみに基づいて、(ii) 法廷には出頭せず電話での聴取を通して、または (iii) お客様の請求書送付先住所の郡(あるいは行政区)における AAA 規則により確立された方法で直接行われる聴取を通して実施される。仲裁人が、お客様の請求の内容や要求に含まれる救済措置が根拠のないものあるいは不適切な目的である(民事訴訟の連邦規則 11 (b) を基準とした判断による)と判断した場合、すべての料金の支払いは AAA 規則に従うものとします。その場合お客様は、AAA 規則のもとお客様が支払う義務のあった料金について Mastercard が事前に支払ったすべての金銭を返済することに同意します。仲裁の実施される方法にかかわらず、仲裁人は、本質的な事実認定および、判決や裁定がある場合はそれらの基底となった結論を十分に説明する理由を付した書面を発行しなければなりません。仲裁人は手続き中いつでも、また、本案に対する仲裁人の裁定から 14 日以内にいずれかの当事者の要求に応じて、料金や費用の支払いおよび払い戻しに関して裁定を下すあるいは紛争を解決することができます。

    6.  集団訴訟の禁止お客様と Mastercard はお互いに対して、それぞれの法的能力内でのみ訴訟を起こすことに同意します。原告として、あるいは集団と称されるまたは代表の手続きにおける集団訴訟の原告として訴訟を起こすことはできません。さらに、お客様と Mastercard に別段の合意がない限り、仲裁人は 1 人以上の請求を統合することはできません。また、いかなる形式であっても代表あるいは集団訴訟を統轄することはできません。

    7.  本仲裁条項の変更Mastercard への通知の送り先住所の変更以外に Mastercard が本仲裁条項に変更を加える場合、お客様は変更から 30 日以内に書面による通知を Mastercard の通知送り先住所に送ることにより、その変更を拒否することができます。その場合、お客様の Mastercard のアカウントおよび本仲裁条項はただちに停止され、お客様が拒否する変更の直前の内容が有効となります。

    8.  法的強制力セクション 27(f) に法的強制力がないと判明した場合、あるいはセクション 27 全体に法的強制力がないと判明した場合、セクション27 全体は無効となり、その場合、セクション 26 に記述の専属管轄権および裁判地が、本規約から発生するあるいは本規約に関連する行動を管理します。

  27.  権利放棄、無効

    Mastercard が本規約の権利や条項、または適用法に基づく権利の行使や執行を怠ったり、これが遅れたりした場合でも、これらの条項または権利を放棄することにはならないものとします。本規約の条項いずれかが管轄権を有する仲裁人もしくは裁判所により無効とされた場合、両当事者は、仲裁人あるいは裁判所が条項に反映される両当事者の意図を有効とすることに努力すること、また本規約の残りの条項は有効で法的強制力があることに同意します。

  28.  解釈

    本規約のセクションの表題は便宜上のものであり、法的または契約的な効力はありません。本規約では、(a) 「含む」という言葉には、「ただしこれに限定されない」という言葉が続くものと見なされます。(b) 「たとえば」、「例:」などこれらの派生語は例を示すために使用され、これらの語に続く項目が完全なリストであるとは見なされません。(c) 「や/または/あるいは/もしくは」という言葉は、「および/または」といった包括的な意味で使用され、「いかなる」、「あらゆる」は排他的に使用されます。(d) 単数形の語は複数の意味を含み、複数形の語は単数の意味を含みます。いかなる当事者も、曖昧な表現を使用したことに基づいて、不利な形で解釈されることはありません。

  29.  譲渡

    本規約に基づくお客様の権利や義務は、譲渡または移行することはできません。上記に違反する譲渡または移行の意図は無効となります。

  30.  不可抗力

    Mastercard は、電話通信、電力、または公益サービスの故障を含むがこれに限定されない、同社の合理的な支配の及ばない原因の結果生じる、本規約に基づく義務の遅延または不履行には責任を負わないものとします。